看護局のご紹介

看護局長挨拶

看護局  局長  野田 輝美

  当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
くまもと地震から、4年が経ち当院は様々な方たちのお力添えで、ほぼ元の体制に戻りつつあります。

 しかしながら、看護師不足はまだまだ課題であり、現在も復興応援ナースや、支援ナースの協力を得ながら、働き方にもいろんな工夫を取り入れながら業務しています。
 現在、地域包括ケア病棟43床を稼働中です。
在宅や施設からの緊急入院が多く、目まぐるしく入退院がみられますが、そんな中でも、ここの看護師さんは優しいとありがたいお言葉を頂き、患者さんが退院されるときには、やりがいを感じ、いつも患者さんの気持ちにより添う看護を忘れないよう心がけています。
また、当院は地域包括ケアシステムに沿って在宅医療も提供しています。
訪問診療、訪問看護、訪問リハビリなど、地域の方々が安心してくらせるように、他職種と連携しながら、地域に根差した医療が提供できるよう、職員一同頑張ります。

看護局 局長 野田輝美

 

 

訪問看護

 日常生活動作等が困難な方に対して、実際にご自宅へお伺いし、リハビリテーションを行っています。また、併せて環境設定や介助方法の仕方などのアドバイスを行っています。自宅での動きに自信がない方やこんな事が出来るようになりたいなどありましたらお気軽にご相談ください。

 

外来(西館1F)

 外来では、かかりつけ医としての定期通院、在宅医療にも力を入れ、訪問診療、訪問看護、終末期医療にも対応しています。また、救急医療にも携わり、受け入れ強化をしています。
 患者さんの病状や環境を多職種で考え、専門的治療が必要な時は、急性期病院への紹介を行い、治療後の患者さんの支援も行っています。
 ぬくもりと安心の医療を理念に、その人その人に応じた看護ケアが提供できるよう、スタッフ一同心掛けています。南阿蘇村の唯一の病院として、地域一帯との連携を図り、頼られる病院でありたいと思います。

 

入院(新館2F病棟)

 病棟は、「楽しく 明るく 安全に」をモットーに旧職員はもとより、新職員・支援ナースと共に日々の業務をおこなっています。患者さんや家族の方々と共に退院に向けての、地域へのつながりを大切に寄り添える看護を提供しています。